嫌いなアイツが俺好みすぎて困る。