[なでしこ] 耳鳴りの恋人


作者︰なでしこ
“あの日、耳鳴りとともに全ての音が消えた。この気持ちも一緒に消えてしまえば良かったのに”

大学生の豊(ゆたか)と調理師を目指し専門学校に通う二太(にた)はイトコで幼馴染。
幼い頃からゲイを自覚していた豊は、おのずと1つ年上の二太を意識しはじめ、高校生のときに告白したがフラれていた。
耳と手に因果を持った家相のふたりは高校卒業後上京し、お互いを支え合うように同居を始めるが、いつもそばにいる二太に豊の思いは募る一方だった。
豊は年上の恋人・高志(たかし)と体を重ねることで二太への想いを断ち切ろうとするが、そんな行為を責めるように止まない耳鳴りに悩まされる日々が続く。
耳鳴りに苦しむ豊を二太が優しく抱いて一晩を過ごした翌朝、耳鳴りとともに豊から全ての音が消えていた――……。

ノンケに恋した主人公のいじらしい姿をリリカルに描いた優しい1作――。