[鶴子] 君に捧げる私の祈り


作者:鶴子

「彼に抱かれてきなさい」亡き旦那さんの形見である日傘。そこに浮かびでる旦那さんの筆跡は、先生と旦那さんの秘密の会話。そしてその会話を知る唯一の存在が若大将――『彼』だった。旦那さんの言葉に従うことが想いの証明だと信じ、一回り以上年下の若大将に抱かれる先生。若き猛りに乱れ背徳を感じながらも、その一途な想いは……。